職場のパワハラのトラウマが消えなかったけれど…!

心理カウンセリング体験談

職場で暴力などのパワハラを受けたクライアント様の心理カウンセリング体験談をご紹介します。パワハラのトラウマが毎日思い出されて仕事ができなくなっておられましたが、心理療法を受けて今では仕事を再開されるまで回復されました。掲載の許可をいただいています。

職場のパワハラを10年間受け続けてきた

熊本カウンセリングに来る前はうつ状態になっていました。
心が暗闇に閉ざされているような感じでした。

私は調理師なのですが、以前の職場で殴られたり蹴られたりしていました。パワハラです。
職場のパワハラは10年ぐらいずっと続いていました。

そのパワハラの日々を毎日思い出していました。
そして「自分が悪いんだ、悪いんだ・・・」と考えていました。

体調は悪く、だれきっていました。
毎日座って考え込んでばかりで、人と会いたくありませんでした。電話にも出たくありませんでした。

心理療法でパワハラのトラウマが消えた

そんな私のことを心配した両親がネット検索で熊本カウンセリングを見つけてくれました。

熊本カウンセリングでいろいろな心理療法を受けましたが、眼を動かすセラピーやタッピングのセラピーがとても印象的でした。

心理セラピーを受けると、私としては仏壇に手を合わせているような落ち着いた気持ちになってきました。

以前は職場のパワハラ場面を毎日思い出していましたが、今はほとんど思い出さなくなりましたし、それほど嫌な感じもしなくなりました。

以前は疲れきっていて仕事がほとんどできませんでしたが、今では実家の家業を1日8時間ぐらいしています。

職場のパワハラで苦しんでいる人にアドバイス

私は今回の体験で、「一人で頑張っていても何も始まらない。誰かの力を借りないといけない」ということを学びました。

私と同じように職場のパワハラを受けて苦しんでいる人には、「一人で考えすぎないで、誰かに相談するといいよ」とアドバイスしたいです。

(30代男性 T.Rさん)


T.Rさんのご両親からもご感想をいただきましたのでご紹介します。

息子の気持ちを否定して言い合いになることもあった

息子は熊本カウンセリングに来る前は毎日イライラしていたようです。

部屋の壁を殴ることもあったようでドンドンと音が聞こえていました。
穴も開いています。

息子のストレスが溜まっているのが分かったので、ときどきサイクリングに連れ出したりしながら1年間様子を見ていましたが、改善せずひどくなる一方でした。

息子は専門学校の頃は友達も多くて明るくしていたので、職場を辞めれば解決することだろうと思っていました。
しかし、そうはならなかったので心配しました。
息子がいろいろな苦しみを一人で抱え込んでいたことを知りませんでした。

親子で話していても、「そういう考え方はやめなさい」「もっと前向きに考えればいいだろう」のようなアドバイスをして、結局息子の気持ちを否定して言い合いになることもありました。

それが熊本カウンセリングに来てからは、息子が変わってきたので私たち夫婦も楽になってきました。

ずいぶん調子を取り戻してきたと思います。
今では、息子は午前中に一人で料理の仕込みをしてくれていますので助かっています。
お客さんとの電話応対もしてくれています。

田中先生に出会えて何よりでした。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました