子どもの頃から続く孤独感が解消できた!

心理カウンセリング体験談

子供の頃の体験が原因で、その後ずっと得体のしれない孤独感や悲しみの感情に苦しんでいたクライアント様の心理カウンセリング体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


50代女性 T.Oさん

なぜかいつも孤独感と不安を感じてしまう

私の今の生活は、不満や心配なことはありません。人間関係も順調です。
家族も平和だし、仕事も順調です。
趣味で集まる仲間もいるし、お酒を一緒に飲む仲間もいます。

しかし、なぜかいつも不安や孤独感を感じるのです。
日曜日に一人で自宅にいると、不安や孤独感を感じていました。

悩み癖があるのかなと思うくらいに、存在しない悩みを見つけて、悩んでいました。
仲間がいないわけでもないのに「他人に嫌われているかな」「裏切られるのではないかな」と思うのです。

相手との関係が親密になればなるほど、また平和になればなるほど「この関係は壊れるのではないか」と心配になるのです。

孤独感の原因は、子供の頃に孤独を体験して、それを40歳過ぎるまで他人にも言わずに来たことではないかと思います。これまでの人生で悲しみを上塗りしてきたせいだと思います。

40歳過ぎてからは友達に話して、それを剥がすようしてきたのですが、最後の核の部分がなかなか剥がせませんでした。その核がずっと残って、逆に支配されていたような感じです。

これまで本を読んだり、他所のセラピーを受けたりして、だいぶん改善してきているのですが、最後のあと少しがどうしても残っているのです。それが結構辛いのです。
それが熊本カウンセリングで解消できるのではないかと直感で感じたのです。

1回目のセッションでスッとした落ち着きを感じました

熊本カウンセリングでは3回のカウンセリングを受けたのですが、1回目のときにスッとした落ち着きを感じました。

一番印象的なのは、タッピングセラピーですね。
タッピングセラピーを受けていると、魔法のように自分のトラウマや思い込みが頭の中から消えてしまっていきます。

トラウマの場面を思い出そうとしてもなかなか思い出せません。
新しく作った理想の映像しか出てきません。

あまりに驚いたので、このタッピングセラピーを講座で習ってみたいとまで思うようになりました。

アファメーションの宿題が楽しかった

また宿題に出されたアファメーションを通勤中に車の運転をしながら言っていました。
この宿題はめっちゃ楽しかったです。どんどん気持ちが落ち着いていきましたね。

仕事中も思い出したときにはすぐ唱えていました。
さらに自分の弱さを感じることについてオリジナルのアファメーションを3つも4つも作って、一緒に唱えていました。

そのオリジナルのアファメーションはこんなのです。

「私は他人に可愛がってもらってもよい」
「私は他人を信じてもよい」
「私は他人から信頼されている」
「私は他人から愛されている」
「私は他人を愛している」

1種類10回を1セットにして1日合計10セットぐらい言っていたと思います。

孤独感から解放されました

今は悩みから解放されました。
日曜日の午後に自宅で一人で過ごしていても、穏やかに過ごしています。孤独感など全く感じません。

私の夢は、これからの人生はサークルの仲間たちと一緒に、今後の人生を穏やかに過ごしていくことです。それに向けて動いていきたいと思います。

孤独感を感じて苦しんでいる人にアドバイス

私と同じように子供の頃の体験が原因で、その後ずっと得体のしれない孤独感や悲しみの感情に苦しんでいる人には、独りで抱え込まないで、機会があるなら、頼れるカウンセラーやセラピストの個人セッションを受けるとよいとアドバイスしたいです。

サクッと元気になれますよ。

(50代女性 T.Oさん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました