うつ病が改善できた!

心理カウンセリング体験談

うつ病が改善できた5人のクライアント様の心理カウンセリング体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。

職場の人間関係の軋轢でうつ病になったけれど!

40代男性 S.Jさん

仕事の多忙さと人間関係の軋轢からうつ病になり、約5年間精神科のクリニックで薬物治療を受けています。ある程度の効果はありましたが、病状に波があり、入院も経験しました。

鬱病の本で認知行動療法がうつ病の治療に効果的だということが医学的に認められていることをを知り、自分で本を読みながら取り組もうとしましたが、長続きしませんでした。それに、本を読んだだけでは、認知行動療法の意味を正確に理解出来ず、漠然と今までの自分を変えなくてはいけないなんてイヤだなと感じていました。

そんなある日、インターネットで検索して見つけた田中先生のカウンセリングを受けてみることにしました。

田中先生のところでは、認知行動療法を専用のカードを使って、対話形式で行っていきます。ひとつひとつ項目ごとに丁寧に行っていきます。とてもわかりやすく、自分の考え方のうち、ちょっと合理的でない部分や、ストレスをためやすい信念のようなものが根付いていることを、素直に受け入れることが出来ました。

定期的に認知行動療法のための診断チェックをしていただいているのですが、先日、思考の経過をグラフ化していただいたところ、「自動思考」が大分改善されており、自分でも驚きました。自動思考とは、例えば自分が何かひとつ失敗してしまった時にもう自分なんてダメな人間なんだなどと極端に考えてしまったりする不合理な考え方のことです。

これから自分が生きていく上で、認知行動療法によって自分の中にある歪んだ不合理な考え方を変えて、少しでも生きやすくなればいいなと思っています。田中先生のカウンセリングを通じて、認知療法とは、自分を丸ごと変える必要はないんだということも理解出来たので、今、納得して前向きに取り組んでいます。

今、先生に出会うことが出来たことが、何より良かったと思っています。先生のカウンセリングを受けていると、心が楽になっていくのを実感します。田中先生の親しみやすさ、優しさに加え、自分のために一生懸命取り組んでいただいている姿に、本当に感謝しています。

これからも、田中先生のカウンセリングのもと、うつ病の完治に向け、前向きに取り組んでいこうと思っています。

(40代男性 S.Jさん)

※心理カウンセラーからコメント

Sさんの許可を得て、Sさんの心理テストの結果をグラフ化したものをご紹介します。

この心理テストは抑うつや不安を引き起こす自動思考(考え方の癖)を測定するものです。縦軸の標準化得点というのは 偏差値と同じで、50が平均で、60以上になると強いと判断できます。
Sさんの場合、ご自分の将来や過去について否定的にとらえる考え方の癖が強かったのですが、全項目が2ヶ月弱のトレーニングで60未満に下がりました。

うつ病の治療では、薬物療法と認知行動療法との併用が効果的であることは医学的にも確かめられています。

うつ病がタッピングセラピーで改善できた

40代女性 T.Mさん

うつ病の症状がでました。
当時、それに加えて母が急死、そして東北の震災の映像をテレビで観て、大きなショックを受けました。
それから朝起きれないような状態に入り込んでしまいました。

うつ病の症状が出たのは2回目だったので早めに病院に行きました。
病院で薬を処方してもらいましたが、その後は良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。

今回は薬が合わなくて、苦しめられました。そこで病院を変えることにしました。
そのとき、今回はうつ病になった原因とか、「どうして私はうつ病を引き寄せてしまうのか」について解決しようと思ったのです。

そこでカウンセリングルームをネットで調べたのですが、そのときに熊本カウンセリングの田中さんと、田中さんが主催しているくまもとハートカレッジを知ったのです。
カウンセリングというものがどういうものかも分からなかったので、きっかけになればいいかなと思ってくまもとハートカレッジの定例会に行き始めたのです。

最初にくまカレに行ったときの定例会の内容は、風景構成法で絵を描くというものでした。そのとき誰にも話してないような内容が絵の中に表現されたのです。それにはとてもびっくりしました。そしてそれなら絵を変えれば心を変えていくことができると納得したことがありました。

またグループカウンセリングが定例会の内容のときは、いろんな悩みを持つ人と話をすることができて、それはとても有り難かったです。

そして、このようなプロのテクニックを味方につけるのはいい方法だなと思って、熊本カウンセリングでカウンセリングを受けることにしたのです。

田中さんとはくまカレで初めて会いましたが、第一印象はとても良かったです。「この人はダメ」と感じたらたぶん壁を作ってしまうと思うのですが、そうではなかったです。
すごくスラッとしていて、ハンサムな人だったらかえって警戒してしまったかもしれませんが、ちょうど良かったです(笑)。親しみがもてました(笑)。

カウンセリングの中では、私が話した内容の深いところを読み取ってもらえる気がしました。
タッピングセラピーは最初は「うーん?」と思っていましたが、私の心に、どストライクに響くような言葉を言っていただけるので、目が覚めるような思いでした。

毎回、安堵感のようなものが感じられて、嬉しかったです。

それは例えていうと、
「そのネガティブと思っていることは、たいしたことじゃないよ」
「あ、本当だ。何でそんなことを気にしていたんだよ」
というやりとりのようです。
そんな言葉をかけてもらえた気がします。

その言葉は誰が言っても私の心に響いていたのかというと、そうではないかもしれません。
やはりタッピングをしながら言ってもらったからこそ、ガーンと響いたのかもしれません。
自分でも気づいていない深層心理を見つけて、そこにポンと光を当ててくれる、そんな感じです。

これまで私は、「周りの人に120%いい人」で、「120パーセントできる人」でないといけない、ちゃんとしとかないといけない、という思いで生きてきました。

しかし今では、
「ま、いいか」「休養とろうかな」とか、
「あの人ちょっとずるいよね」「あの人わがままだよね」と思われてもいいかなと、
それぐらいの心がけで生きていこうと思うようになりました。悪い心がけですが・・・。

これまでもそれぐらいの生き方でよかったのではないかと思えるようになりました。

毎日の生活の中では、掃除が苦手だったのですが、毎日午前中に掃除をするようになりました。ただ、「絶対掃除をしないといけない」というように強迫的にしているわけではありません。
「今日はきついから掃除機だけでいいか」という日もあれば、
調子がいい日は「あそこの上のほうまで拭いておくか」ということもあります。
その日の体調や気分に合わせて柔軟にできています。

運動もするようになりました。
一人でも楽しめる趣味をする時間もとるようになりました。以前はそのような時間をとることを我慢していたのですが、今は「我慢しなくていい、我慢しなくていい」とつぶやきながらしています。

総合的に良くなってきていると思います。

カウンセリングに来ることで気持ちの部分が前向きになって、それに体調も引き寄せられていって、良くなってきたのではないかと思います。

私と同じようにうつ病の症状で苦しんでいる人には、うつ病のときは何も行動に移せないと思います。そこでまずは薬を飲んで体をゆっくりさせるといいと思います。

そして休養をしばらく続けていると、「少し動こうかな」という気がしてくると思うので、そのときプロの力を借りて、いろいろなテクニックを使ってもらって、うつ病になった原因とか意味とかを明らかにしていくのが、早く良くなる近道だと思います。

カウンセリングは敷居が高いと感じていましたが、実際に受けてみたら、「ああさすがだな」と思うことがいろいろあったので、もっとこの良さをいろんな人に知ってもらえたらいいなと思います。

(40代女性 T.Mさん)

生徒の指導に悩んでうつ病になったけれど

50代 男性 M.Oさん

熊本カウンセリングに最初に来たときは、もう精神科に行って治療を受けないといけないかなと考えていました。
憂うつで仕方がなくなって、うつ状態に入っていました。危険な状態だなと思っていました。

四六時中憂うつで、意欲がなくて、仕事に行きたくない気持ちでいっぱいでした。
出社拒否の状態で、もういっぱいいっぱいで、結構休んでいました。

私は学校教師ですが、授業中や学校行事のときに、生徒が私の言うことを聞かずに勝手放題にやっていて、とても不愉快な気持ちでした。

それまではそんな生徒には指導をして問題なく過ごしてきました。
しかし指導しても指導してもふざけ続ける生徒がいて、その生徒の対応に神経がすり減っていました。

私は動揺していました。これまで長いキャリアがありながら、こんなことで動揺している自分に嫌気がさしました。
そして指導しても指導しても効果がないので、無気力になり、うつ状態になりました。

それでカウンセリングを受けようと思って、「熊本 カウンセリング」などとネット検索して探していて、上位3つのどこかに行こうと考えていました。その中に熊本カウンセリングがあったのです。

熊本カウンセリングに最初に来たときは、建物がきれいで、ルームの中の空間に癒されました。

10回のセッションの中で、印象的だったのはタッピングセラピーをしてもらったときですね。
「あれ、気持ちが本当に軽くなっている」と思いましたね。驚きました。
それが毎回重なっていって、確かに変わっていっている実感がありました。

私は「心は変わらない」と思っていました。
自分の感情なんて変わるものではないと思っていました。
しかし実際変わりましたね。
「自分の心は自分で変えることができる」と思えるようになりました。

セッションの後は心が安らいだ状態で、ベッドに横になってもザワザワすることなく、平穏な状態が維持できていました。
朝起きたときも重苦しい感じがなくて、びっくりしました。

私は10年前に精神科に3、4年通いました。
2、3週間に1回あるいは月1回のペースでした。
処方された薬を服用していました。

「はい、分かりました。お薬出しておきますね。」
「まあ、ゆっくりやりましょう。」
の世界でした。
いつまで続くんだろうと思っていました。

そのときの経験からすると、カウンセリングの方が即効性もあるし、薬よりも効くんじゃないかと思います。
カウンセリングも保険が使えるといいんですけどね。

カウンセリングは今回初めて受けたのですが、大事だなと思いましたね。
病気でなくともときどき来て、話を聞いてもらうだけでもいいんじゃないかなと思います。

職場では決して言わない話を熊本カウンセリングでは話したと思います。

「それでいいんじゃないですか」
「そういう人いっぱいいますよ」

という一言に背中を押されて、「よし、明日も仕事を休むぞ」という気持ちになりましたね(笑)

「そういう人いっぱいいますよ」と言われると、自分と似た人がそんなに多くいるのかと分かって、ホッとしました。
それまでは、自分は珍しいヘンな奴なんだろうなと思っていましたから。セルフイメージが低かったです。僕はおかしい人間なんだと思っていました。

ネット上では自分と似たような人の情報がいっぱいあります。
しかし現実の世界でそういう話を初めて聞くと、違うんですよね。
たんなる文字情報ではないですから。
実際にいろんなクライアントと出会っているカウンセラーからの情報は救いになるなと思いました。

また田中さんが教師時代にいろんな嫌な体験をしたという話を聞きましたが、とても親近感を覚えました。

「実はあれは心の中ではとても傷ついていた」のような話はなかなか男同士の会話の中では出てこないです。
飲み会の二次会、三次会でもそんな話はでないですね。馬鹿話が多いです。
「つらいんだよね」という話にはならないですね。
女性の間ではあっているのではないかと思いますが。

そんな男性社会にいるので、「僕はなんて弱い人間なんだ」「自分はダメだな」とずっと思っていました。
しかし自分と同じような人がほかにもたくさんいるんだと分かって、救われました。

私と同じようにうつ状態で苦しんでいる人に対しては、

「仕事を守るんじゃなくて、自分を守った方がよいよ。」
「自分を守らないと仕事も守れないし、自分を守らないと家族も守れないよ。だからまず休もうよ。」

「それと病院にも行った方がいいけれど、信頼できるカウンセラーとの出会いを求めたがよいよ。両方必要だよ。」

と言ってあげたいですね。

(50代 男性 M.Oさん)

躁うつ病で月1回は自殺したくなっていたけれど

40代 女性 M.Iさん

私はこれまでの8年間、躁うつ病でした。
躁とうつの波が激しくて、日々の暮らしが非常に苦しかったです。

母からとてもきつい言葉を投げかけられたことがあり、それをトラウマのようにずっと抱えてきました。
それを考えると、悲しくてきつくて、その結果うつ状態になることが数多くありました。

うつの期間が非常に長く、ひどいときは本当に死にたくなっていました
大量に薬を飲んだこともあります。

以前は週1回ぐらい過呼吸の発作が出ていたし、「自殺したい」という希死念慮も月に1~2回ありました。

熊本カウンセリングには、母に関するトラウマを解消するために申込しました。

熊本カウンセリングに最初に来るときには、不安がありました。

以前、病院で受けたカウンセリングで心理士の先生から強く言われて追い詰められて、とても傷ついたことがありました。そのようなことを繰り返すのではないかと不安だったのです。
しかし、熊本カウンセリングの田中さんはそういうことをする人ではないことも分かって安心しました。

また、今まで私は病院でカウンセリングを受けてきたのですが、良い結果がでたことが一度もありません。それでカウンセリングをして意味があるのか、とも考えていたのです。
それも、1回目のカウンセリングを受けて、すぐにカウンセリングの効果を感じたので、2回目は安心して来ました。

カウンセリングでは、私の心の中に強く残っていた過呼吸で苦しむイメージの置き換えのようなことをしました。
その結果、母とのトラウマが薄れてきて、苦しい記憶に支配されている時間がすごく減りました。

うつの状態も良くなって、その後躁転(躁の状態に変わること)しましたが、今は状態は安定しています。

以前は週に1回ぐらい過呼吸の発作が出ていました。
「自殺したい」という希死念慮も月に1~2回ありました。
しかし、最近はすべてなくなりました。

同じ時期に、病院で薬を減らしてもらうこともしたので良くなった原因ははっきりとは分からないのですが、カウンセリングの効果は大きかったと思います。

病院の心理士の先生は、傾聴カウンセリングがほとんどで、それ以外は認知行動療法だと思います。イメージの置き換えなどはされないです。
まったく手法が違いますね。

私と同じように躁うつ病で苦しんでいる人には、「まずは動いてほしい」と言ってあげたいです。
世の中にはいろんな治療法があります。成功するものもあれば、失敗するものもあるでしょう。

誰かが助けてくれると信じて、まずは動き出してほしいと思います。
それはカウンセリングもそうだし、病院での治療もそうです。

薬の大量処方から逃れたいと思っている人は、カウンセリングを一度試してみるのもよいかもしれません。

躁うつ病は治らないと思っている人が多いと思います。
しかし、今回カウンセリングを受けてみて、楽にはなれると私は思いました。

カウンセリングを1つの選択肢として選んでみるのもよいかもしれません。

(40代 女性 M.Iさん)

姑の言葉に傷ついて

40代 女性 N.Kさん

熊本カウンセリングに来る前までは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と精神科病院で診断されて病院のカウンセリングを受けていました。
しかし効果が出なかったので熊本カウンセリングに申込しました。

病院でのカウンセリングは、過去の子供の頃を思い出してトラウマを探すような内容や、EMDRを数回、ヒーリングなどをしました。
半年以上、長く通っていた割には期待していた効果は出なかったです。

私はあるとき、姑の言葉に傷ついて、それがトラウマになっていました。
それがときどきフラッシュバックされて、状態が悪くなることを繰り返していました。

まず姑と会うことができなくなり、話そうとすると声が震えました。
過呼吸から希死念慮までありました。

それが熊本カウンセリングに来て、ほとんど気にならなくなって楽になったのがよかったです。

私は双極性障害Ⅱ型なのでどうしても躁鬱の波はあるのですが、その波が小さくなったというか、激しく落ちることが少なくなったような気がします。そのぶんだけ苦しみ回数が減ったし生きやすくなったと思います。

私と同じように双極性Ⅱ型で苦しんでいる人がたくさんいると思いますが、自分の力だけで克服しようと頑張らなくてもいいんはないでしょうか。
私は熊本カウンセリングの田中さんを頼って今少しずつ克服しようとしているのですが、私と同じような人たちには他人の力を頼っていいんだよと言ってあげたいですね。

熊本カウンセリングは他のカウンセリングと比べると使われる手法の種類が多いなと思います。ここでしか体験できない手法が多いと思いました。

私は合志市に住んでいて近くに北熊本スマートインターができたのでそこから高速を使って八代郡氷川町にある熊本カウンセリングまで通いました。

通うには遠かったですが、これはお世辞ではなくトラウマ処置に関しては田中さんじゃないとだめだろうと思って、体調がよい時期を見計らって氷川町まで通いました。
遠かったですが、そのぶん楽になれたので通った甲斐はありました。

(40代 女性 M.Iさん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました